ナガシメンって複数形じゃん

めっちゃ音楽好き

ワタリウム美術館の設置音楽展

 

前の記事では坂本龍一の新作asyncのコンセプト的なものがちょっとうさんくさいっていうような事を書いたような気がします。

 

実験音楽として、普通の、つまり、商業音楽としては異端のアルバム、っていうんですかね?

 

設置音楽展について

思ったこと書きます、前回と重複はするかも

 

 

まず外苑前ね、オシャレなんだけど店が全部ガラスばり

歩いてる人もなんかバブルみたいな人だらけ

ぼうずが歩いていいところではなかったみたい

 

しかもワタリウム美術館を探し回って30分くらいさまよっていたから、悪目立ちしてしまった

 

ワタリウム美術館についたら受付

傘は持って入れないと言われたので入口の傘立てに入れる

学生は500円

やすい、でもおそらくターゲットは芸大とかそういう系のアレなのかな?

入口付近になんか紙がいっぱい貼ってあるスペースがあって、そこにメッセージや感想、書いてはるみたいな。坂本龍一が返事してくれることもあるらしい。もちろん、賞賛ばかり。

 

普段の生活では音を気にしてないからこういう手法にだまされてるのかな?

それともまじで賞賛してるのかな?どちらにせよ、寒ッって感じ

 

2F→3F→4F→B1Fの順、と説明されてまずは2Fにエレベーターで

 

到着

インスピレーションを受けた本やら雑誌やらメモやらを並べてる

このページをめくる音でもとったのか?

宇宙とか水とか、「深そう」なものばっかりだけど、多くを語らなければいい感ありますた

 

音はずっと聴こえてる

壁には外国語で文字

dreamの詩のやつ

そして5.1chMIXとスピーカーのサラウンド空間

それに5,6枚のスクリーンとじわじわ変化する映像

 

drowningとされたフロア

テーマは音に沈むということなのか?

サラウンドのスペースに入らなくても音は聞こえている

防音で区切られているわけではない

たれ流し状態、状況的には、中には並んで中の人が退いたら次の人、次の人

でも聴こえるし入らなくてもいいか

入って聴くことに意味があるとしたら

アルバムを聴く必要もないかな

 

とか思いながらとりあえず中に入る

そりゃ音の中にいる感じするわ

空間な感じ

でもこれはノイズ

全然音楽じゃない、音楽の定義をぶち壊しているようで、asyncは何もぶち壊していないような

ここでしかできないことがある?んだとしたら、この空間でならなんでもできるだろうね。

 

普段気がつかない音に気がつくための空間?

他にすることがない空間

無意識に集中するというよりは

ぼーっとさせているだけ

 

3Fに上がる

階段を使うためドアを開ける

外に出る

散々迷った外苑前に一度戻る

この構造は

凡ミスだね、空間を途絶えさせてしまった

 

3F

下の音が聞こえてくる

おそらく吹き抜けになっていて繋がっている

展示はiPadとか

制作風景やら素材音やら

耳を澄まして聴いてみる

映像に近寄ってみる

でもその空間も自然じゃない

なにもかもつくったもの

作った音への意識の方が強くなっていく

 

ちょっと残念なフロア

 

4F

スクリーン

スピーカースピーカースピーカー

映像

音音音

 

8箇所くらいから音が出てる

各スピーカーからそれぞれ各音色が一定の間隔で

それを重ねて同期しないasyncか

 

なめすぎでは…

カン、コン、カン、コン、を5.1chミックスにしたら偉大か?

同期しない音楽か?

 

同期しない音楽、async、考えれば考えるほど、コンセプトと内容がチープ過ぎると思います。

 

音楽を展示する空間

そこに、空間や自然を取り込んだ音楽を持ち込んでしまうってどうなの?

 

ただの動物園、捕まえてきたものをみせびらかしているだけなのでは?

 

 

文体めちゃめちゃすぎ

要は、この設置音楽展も第一印象では嫌いです

 

あ、そう、傘も置いてきました。

 

これから勉強して考え直します。

まずは第一印象だけ書き残しておきます。

記憶だけだと忘れてしまうので